クリームタイプのクレンジングの特徴

メイククレンジング剤には、色々なテクスチャーや使用感のものがありますよね。洗浄力が高く、濃いメイクもすっきり落とせるオイルタイプのクレンジング剤や、乳液のようなテクスチャーのミルクタイプのクレンジングなどがありますが、数あるクレンジングの中でも、肌への刺激が少ないと言われているのが、クリームタイプのクレンジング剤です。

 

クリームタイプのクレンジングの特徴として、まず挙げられるのが、低刺激という事でしょう。肌に必要な皮脂を洗い流す事なく、メイク成分のみをクレンジングできるので、保湿力に優れています。また、クリームクレンジングという名前の通り、クリーム状のテクスチャーをしているので、クレンジングの時に指と肌の間でクッションのような役割もしてくれます。

ただ、クリームタイプのクレンジング剤は、低刺激というメリットもありますが、濃いメイクを落とすのには、あまり向いていないようです。ですので、目元などのポイントメイクは、ポイントメイク専用のリムーバーを使い、落としてからクリームタイプのクレンジング剤を使うのがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>